• 2007.11.22 Thursday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

景色の向こう

電車寝過ごして 見も知らぬ町
日が暮れる音に誘われて 景色をさまよう
すべてを なくしたくて

待ってる人など 誰もいないコト
持ってるモノなど 何もないコト
心地よくて 透明が

知るモノのない 知られるコトのない
つながりのない すべてが切れた
見知らぬ町で 透明に

すべて突き抜けて 向こう側
過剰な自意識 無効になる

夕日の織る影が 見えぬ脳裏を揺らすから
五感は現(うつつ) 色を帯び

足は知らずに 駅へと運ぶ 
見知らぬ町で 色づいた者
YOUR BLOODY VALENTINE

散弾銃 撃って
さんざん自由 手に入れて
毎日ハッピー 死ぬまでハッピー

絶望したから自由になって
自由になったら目が覚めて
それは ラッキー アンラッキー?

試すつもりが 試されて
心の中を見透かされ 
冷めぬつもりが 冷められて
ジオラマの中に ひとりきり
にわか雨の中で ひとしきり 散弾銃 撃った
最後の自由 手に入れた

見えぬ傷口 形になり
流れる赤は ワダチになり

夢みたいな 暮らしが始まるな

ハッピー
夜のおわりに

あなたと居ると安心感って
それはキミの優越感
雨に濡れたアマノジャクは
劣等感を逆手にとれず
平気なフリして ニヒルを気取る
自虐的思考も もう飽きた
自嘲な話も 笑えない
どうでもいい話など できなくて
ただ黙って 耳澄ます
ひとりきりのアナタに声かけて
仮面の下で 冷面で
アナタを救った気になって
アナタと居ると安心感って
それは 己の優越感
まぶたの重りが 思い出運び
無責任な夜が 想いを運び
ひとり 部屋で 目が覚めた
傘の中

どこかで見た 君の顔
記憶の向こうの カサの下
ノイズ雑じりのラジオの向こう
いつか聞いた声が歌ってる
忘れかけてる その歌も

風のウワサに聞いてみた
キミが今頃 どうしてるかと
答えは僕の望む通り
僕は傘の中で微笑んだ
雨カサ打つ音が 君の名前を消していく
やがて 誰も いなくなる
HIERARCHY

PYRAMIDくらい知ってるさ いつか授業で習ったさ
己が死ぬより昔から ソコにあるPYRAMID
最底辺に手をかけたくて それでもまだつかめずに
はいつくばって目指すのは 欠けた角持つ石の端

その上はどんな気分? 怖くない?
HOW DO YOU FEEL? どうやってそこまで大きくなった
必死こいて登ったの それとも石つみ重ねたの
どっちでも己には同じこと
その上はどんな気分? いい気分?

PYRAMIDくらい知ってるよ みんなが教えてくれたんだ
キミが死ぬより昔から 倒れず 動かず ココにある
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
     
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
     


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.