• 2007.11.22 Thursday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

all is full of ・・・
 夜は黒で満ちていて
 街は明かりで満ちていて
 この世は嘘で満ちていて
 
 君の心は誰で満ちてる

 窓がネオンを映すたび
 心が遠くに行きたがる
 何も満ちていない場所
 君の姿が消える場所
 僕の心が見えない場所

 君が話を逸らす度
 僕の心は姿を縮め
 君が笑顔をこぼす度
 僕の心は真実を探す
 
 けれど

 この世は嘘で満ちているから
 
 君の心は誰で満ちてる
幻の光
冬の光 いつかの匂い 1人の空気
僕の足音 すれ違う人 手をつないで
僕をすり抜ける
思い出すのは 昔のこと
今と変わらず1人だった 昔のこと
人ごみの中 2人の姿はどこにもない
冬の光と 1人の空気と いつかの匂い
僕は平気なふりをして 君を探す
どこにもいない ただの冬
タイトロープ

没頭の時代はおわりを告げて
命につながれたロープを
誰かが 引いた 喧騒の中へと
耳を澄ませば 苦痛の気配
やがてソレさえも 温もりに変わり
存在の希薄 案外に軽薄 人生の計画
針は壊れ 壊れたたまま 
それが苦痛だと気づいたまま
それが普通だと黙ったまま

没頭の時代はおわりを告げて
命につながれたロープが 引かれつづける
ROTTEN APPLE

缶コーヒー飲んだら 体温下がったよ
望むところ 
氷漬けのアイスマンみたいに
観光に行ったら ライオンじゃなかったよ
望むところ
住むモノのいない廃屋みたいに
参考書読んだら 雑音に悩まされたよ
望むところ
くだらない毎日みたいに
キリがないから もうやめにしよう
望むところ
腐ったリンゴが落ちるみたいに
キミがいなくなっても 平気じゃなかったよ
望むところ
ウソをついたのは自分だから
空き缶はくずカゴに 捨てましょう
望むところ
まるでキミなど いなかったかのように
Everyone could be alone.

己も仲間に入れてやってくれないか
それがダメなら中途半端にしないでくれないか
疲れないように
話など合わせないから
みんなみたいに知ったふりなどしないから
知らないふりが得意だから
その顔はやめてくれないか
気持ち悪いから
キミに負けてなんかいないから
笑わないでくれないか
笑ってあげるから
こっちを見ないでくれないか
その目を塞いであげるから
やっぱり一人にしといてくれないか
どうせそうだから
もう疲れたから
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
     
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
     


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.